2018年11月30日

1/350駆逐艦秋月の製作 その25

ついに完成しました。

手すりと空中線が付くと全体が引き締まりますね。

akizuki350_98.jpg

akizuki350_99.jpg

akizuki350_100.jpg

akizuki350_101.jpg
posted by ほり・ないす at 03:16| Comment(2) | 駆逐艦秋月の製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

1/350駆逐艦秋月の製作 その24

最後の仕上げですが、運搬状態の魚雷が作れる部品が付属しているので、勿体無いと思い組み立てました。

akizuki350_95.jpg

車輪の裏にはピットマルチ2という糊を塗って乾かします。
これは接着力もまずまずあるのですが、塗ってすぐに接着せずに、完全に乾燥させてから貼り合わせると、あとで剥がすことも可能になるという特性を持っています。

akizuki350_96.jpg

これを軌条に乗せてみます。場所を変えたくなったり砲塔を旋回させたくなったら取り外すことも可能という訳です。

甲板の機銃横の手すり部に取り付けられた衝立式の鋼板を自作しました。

akizuki350_93.jpg

塗装して取り付け準備完了です。

akizuki350_94.jpg

手すりと鋼板を取り付けはじめました。

akizuki350_97.jpg

判りにくいですが、後期には煙突トップに仕切り板が取り付けられていたようなので、追加しました。
前後檣のトップに避雷針を自作して追加しました。


ここから手すりと空中線をどんどん付けていきます。




飛行機ランキング
posted by ほり・ないす at 03:47| Comment(0) | 駆逐艦秋月の製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

1/350駆逐艦秋月の製作 その23

上部構造物の手すりには先に作っておいたキャンバスを貼り付けました。

akizuki350_92.jpg

タミヤアクリル塗料の樹脂が固まって膜になったものですが、ティッシュに染み込ませたことで、布の目に似た表面の質感が出ます。
それにわざと少し皺を付けて取り付けています。
写真では白色のように見えますが、少しタンを混ぜて色をくすませてあります。

電探を取り付けます。

akizuki350_88.jpg

先ずは13号電探。エッチングの部品を組み立て。

akizuki350_89.jpg

取り付けました。後檣トップも同時に仕上げました。

akizuki350_90.jpg

21号電探は、同じく組み立てたあと、基部を自作して取り付けました。
こちらは細かいので作りながら並行して塗装も施しました。

akizuki350_91.jpg

いよいよ残るは甲板の手すりと空中線です。



飛行機ランキング

posted by ほり・ないす at 22:19| Comment(0) | 駆逐艦秋月の製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。